東進の新年度特別招待講習

壺の話

「さあ、クイズの時間だ」



ある大学で、教授はそう言って、大きな壺を取り出し、教壇に置いた。


その壺に、彼は一つ一つを詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。

「この壺は満杯か?」



教室中の学生が「はい」と答えた。


「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利を取り出した。そして、砂利を壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。

そして、もう一度聞いた。

「この壺は満杯か?」



学生は答えられない。一人の学生が「多分違うだろう」と答えた。


教授は「そうだ」と(笑)、今度は教壇の陰からの入ったバケツを取り出した。それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。


「この壺はこれでいっぱいになったか?」



学生は声をそろえて、「いや」と答えた。


教授は水差しを取り出し、壺のふちまで、なみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。


「僕が何を言いたいかわかるだろうか」



一人の学生が手を挙げた。


「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、いつでも予定を詰め込むことは可能だということです」


「それは違う」と教授は言った。


「重要なポイントはそこにはないんだよ」




「この例が私たちに示してくれる真実は、小さな砂とかは後からでも入るが、

大きな岩は先に入れない限り、それが入る余地は、その後二度とない

ということなんだ。」

「君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう」



と教授は話し始める。


「それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり、自分の夢であったり・・・


ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君たちはそれを永遠に失うことになる


もし、君たちが小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君たちの人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう


そして、大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体を失うだろう」

+3
東進の新年度特別招待講習