Congratulationは間違っている!?

おめでとう~~!!



さて、英語で何と言いますか?
まあ、普通は「Congratulation」という単語が浮かびますよね?


でも、海外ではお祝いの気持ちを込めて使うときに「Congratulation」とは言わないんだそうです。


じゃあ、何と言うのか・・・
正解は・・・

Congratulations



なのだそうです。知っていましたか?

たかが「s」、されど「s」


単数形の「Congratulation」は単に「お祝い」という意味ですが、複数形の「Congratulations」になると「おめでとう」という意味になるのだそうです。


この「s」なのですが、いわゆる個数を数えて複数あるという複数形とは違って、「思いや程度の大きさを表す」と考えられています。


たとえば、「ありがとう」を表す

Thanks


お幸せに」を表す

Best wishes


よろしくお願いします」を表す

Best regards



基本的には良い意味で用いられることが多いようですね。


「Congratulation⇒祝いたい」この思いが強くなりすぎて、溢れ出た結果Congratulations=おめでとう」になる。


「Thank=感謝している」が強くなりすぎて、溢れ出た結果Thanks=ありがとう」になる。


そんなイメージがピッタリなのかもしれません。


TPOを意識して!!

「TPO」・・・一応、確認しておきましょう。
T」:Time時間のことです。
P」:Place場所のことです。
O」:Occasion場合のことです。


さて、「おめでとう!」と言いたい時には「Congratulations」と「s」を付けることは確認できましたね。


しかし、実際は「おめでとう!」の意味合いを込めても使ってはいけない場面があるのだそうです。

NG①「誕生日」

NG②「新年」

NG③「結婚」



「何でダメなの?」って思いませんか?


実は「Congratulations」が「おめでとう」であることは正しいのですが、そこには次のようなニュアンスが含まれています。

努力の末、ようやく達成したね



つまり、NG①②は別に努力をしたおかげでその日を迎えられたわけではないので、TPOにそぐわないということです。


NG③については、最近あいまいになってきたようですが、実際には「努力の末、ようやく結婚できたんだね」という、微妙に失礼な感じが否めませんよね。


でも、「結婚」ではNGでも「出産」はOKだそうです。出産は本当に大変なものですから、TPOにバッチリ合っているんですね。

TPOに合わせて「Congratulations on」



TPOに合わせて「おめでとう」の意味で「Congratulations」を使う場合、実際には後ろに「on」を付けて使うことが多いです。


卒業おめでとう」の場合は

Congratulations on your graduation.

出産おめでとう」の場合は
Congratulations on having your baby.

Congratulations on」はいろいろな場面で重宝しそうです。

+3