ついに来たぁぁぁぁ!!

ついに、待ちに待ったこの日がやってきました。
まあ、みんなは待っていなかったと思いますが、それでもみんなにとって重要な日です。そう、今日は、

共通テスト本番レベル模試

ですよね。

みんな集中してます



東進模試には基本的に「学年別」ありません。以前もお話ししたと思いますが、常に大学入試を意識しているのが東進です。


坂出校の生徒には何度も言っていますが、点数をとることも大事だけど、「今日まで特訓した分野の出来」にこだわってください。


点数だけで一喜一憂するのではなく、今日の定期点検を生かして、次に備えましょう。そのための模試ですから。

大切な模試ってどんな模試?

「模試」の「模」という漢字の意味を考えてみてください。これは「模する」という言葉から来ています。


「模する」とは「形を似せて作る」ものですよね。たとえば・・・

「ドラえもんを模してみた」

中国「石景山遊楽園」


なんでやねん!!

って思いますよね。名前だけ「模試」とついているけど、本番と似ても似つかない模試は世の中にいくらでもあります。


私が知る限り、この時期に共通テスト本番と、レベルも傾向も似ているハイレベル模試は、東進にしかありません。


大学入試を本気考えているなら、早く本物を体験してください。



余談ですが、先ほどの「ドラえもん(らしきもの)」は中国の「石景山遊楽園」にいるキャラクターだそうです。しかもこの施設・・・「国営」なんですって。偽物って怖いね。

+2